So-net無料ブログ作成

2008年 Spiel des Jahres ノミネート作発表! [ボードゲーム]

1週間前、Spiel des Jahresの公式サイトにて、2008年版ノミネート作が発表されました。

 ・『ズライカ』 [Suleika]
 ・『ケルト』 [Keltis]
 ・『魔法にかかったみたい』 [Wie verhext]
 ・『ブロックス』 [Blox]
 ・『ストーンエイジ』 [Stone Age]

私の好きな『魔法にかかったみたい』が見事ノミネートされました! わー! ……でも、大賞は難しいんじゃないかと思います。先日社内ボードゲーム部で遊んでみたのですが、ゲーム慣れしていない人からは「遊び所がイマイチ分からず難しい」という評価をもらいました。そこそこゲーム勘のある人は面白がってくれたのですが……万人向けでないものは、厳しいのではないでしょうか。

『ストーンエイジ』はSdJとしては複雑すぎ、『ズライカ』はリメイク、『ブロックス』は絵面が無機質すぎて華がないってことで微妙です。

と言うことは……そう、私が取ると思うのは『ケルト』です。作者は「無冠の帝王」と言われる、あのライナー・クニツィーア。ついに、ついにSdJ大賞受賞か!?

『ケルト』は2人用カードゲームの名作『ロストシティ』を改良し、さらに4人まで遊べるようにしたアブストラクト風味のゲーム。「ケルト」というテーマがゲーム内容と合致してないっぽいのがとっても不安ですが(笑)、それでも今年こそは博士に取ってほしいと願うのでありました。

そんな私ですが、実は『ケルト』、まだ持ってないどころか遊んでないのよね。(・ω・`) メビウスさんに早く入荷しないかなぁ~。Xディには、出社前に水道橋に寄って即買いしようと思ってます。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 3

て

ボードゲーム「寿司ポリー」なんぞ如何でしょか?

あ、いや、売ってませんが。

とりあえず、ニムトはまたやりたい気分だな。
杉田家に行く時は持参するように。
by (2008-06-18 16:24) 

ずーあー

寿司雀ってのはありましたな。
とんねるずの番組企画で出た、麻雀パイが寿司っていう代物。

ドイツゲームだと「寿司エクスプレス」なんてーのがありますが、
激しくお勧めできない内容でした(笑)。

ニムトの件はラジャーですよ!
TRPGメンバー全員で遊べるカードゲームって、
ニムト以外にはなかなかないのですよねー。
by ずーあー (2008-06-19 01:13) 

ずーあー

うはー、『ケルト』が大賞取りましたよー!
去年の『ズーロレット』に続き、今年も予想的中です!

これからはSdJ予想屋として食べていこうかしら(どうやって)
by ずーあー (2008-06-30 18:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。