So-net無料ブログ作成

『ディシディア・ファイナルファンタジー』 [PSP]

ファイナルファンタジーの名を冠した対戦型格闘ゲーム、
それが『ディシディア・ファイナルファンタジー』

FFの歴代(1~10)主人公たちが3D空間を飛び回って、
武器で殴るわ魔法を飛ばすわ大暴れするゲーム
です。
……こう言うと、すごくダメなゲームって感じがしますな(笑)

DISSIDIA_FINAL_FANTASY_0009.jpeg

従来ゲームで言うと『サイキックフォース』が近いかな。
その発売からもう10年以上、
三次元移動格闘はかくも進化したもんかと感動しきりでございますよ。

 

ステージは広く、造詣は多彩でギミックに満ちており、
プレイヤーアクションの余波で一部がぶち壊れたりもします。
真ステージには、ステージ造詣が一新するものさえあります。

潤沢とはいえないPSPのVRAMをうまく使わないと実現不可能ではないかと。
見た目よりも遥かにポリゴン数減らしてるんだろうなぁ。
ローポリゴンをそう見せない技術に優れた、
スクエニ(つーかスクウェア)開発陣ならではの職人芸といえましょう。

 

ゲームシステムもちょっとした捻りが入ってます。
攻撃が2種類あって、与えるダメージがそれぞれ異なるのですわ。

ブレイブ攻撃は、自分のブレイブ数値を増やし、敵のを減らす攻撃。
HP攻撃は、たまったブレイブ数値をHPダメージに変える攻撃。

なんで、ブレイブ攻撃でブレイブを稼ぎ、
充分にたまったらHP攻撃でダメージを与えるのが基本の流れ。
ブレイブを貯めきれば一撃で仕留めることもできるけど、
ブレイブはダメージ受けると減っちゃうので、
適度にHP攻撃を混ぜてダメージを与えていくのが確実でしょう。

ブレイブという変動攻撃力を噛ませることで、
ゲームの戦略性にふくらみを持たしている
というワケです。
『ヴァンパイアセイヴァー』の回復可能ダメージ並の画期的システムかと。

 

が、すべてが完璧というワケにいかないのが世の常人の常。

奥行きの把握がしづらい:
3Dゲームではよくある問題ですね。
当たらないと思って回避しなかった中距離攻撃が、
なんとビックリ命中しちゃったってことが結構あります。

把握が難しいステージ:
造詣が独特すぎて、自分の居場所を見失いやすいステージがあります。
「アルティミシア城」と「星の体内」なんですけどね。
操作のストレスが大きすぎて、ゲームを楽しめません。

攻撃の出し分け操作:
攻撃ボタンにアナログパッド操作を加えることで、
いくつかの技を出し分けることができます。
が、地上技と空中技とで入力ルールが異なり、どうも混乱します。
どちらも「敵方向/敵方向の逆に入力」じゃ、不都合あったのかしら?
ま、きっと不都合あったんでしょうけどね。

 

とまぁ不満点がないワケじゃないけど、思ってた以上に面白いですよ!
独創的なゲーム性になじむまでは大変でしたが、
慣れるにつれてアビリティや召喚獣の組み合わせを考える余裕が出てきます。
そうなると、俄然楽しくなってきますよ~♪

PS3のアドホックパーティーにも対応してます。
PS3持ってる人は、アドホックパーティーで僕と握手!
バッツとシャントット様がお出迎えいたします。

DISSIDIA_FINAL_FANTASY_0006.jpeg


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

PSP体験版が面白いっ! [PSP]

私のオンラインゲーム事始って、ドリームキャストの『ファンタシースターオンライン』だったんじゃないかなーと、先日から配布開始されたPSPタイトル 『ファンタシースターポータブル』の体験版をプレイしながら、ふと思った。

あ、タイトルの「PSP」は『ファンタシースターポータブル』のことですよ? 体験版配布のはじまった日に、各種ゲームサイトで「PSPの体験版ダウンロード開始」とか書いてあって何事かと思ったワタシの戸惑いを追体験して頂きました。

マイキャラ「ラハ」と愉快な仲間(NPC)たち。いつもの「ぷにに」は2ndキャラ予定。


『モンスターハンター』が圧倒的な強さを誇る相手を倒した「達成感」を主軸に据えているのに対し、本作はよりシンプルに、敵を倒す「爽快感」で勝負しています。『ファンタシースターオンライン』の方が先に発売されたので、むしろ勝負したのは『モンハン』なんですけどね本当は。

で。持ち味の「爽快感」に一役買っているのが、フォトンアーツという武器ごとのアタッチメント必殺技。敵を空中に舞い上げたり、遠くにぶっ転がしたり、ステータス異常を起こしたりと派手でかつ戦略性をもたらしてくれる攻撃です。通常攻撃からのコンボがうまく決まるとタマリマセン。
ただ、武器を新調するごとにアタッチメントしなきゃならんのはちょっとメンドクサイですね。対応するフォトンアーツを持ってたらオートで付けてくれてもバチは当たらないだろうに。

体験版なので機能が制限されているものの、アドホックによるマルチプレイに対応しているし、製品版へのデータ引継ぎも可能と、そこらの体験版を超えた作りになっています。公式サイトPLAYSTATION Storeだけでなく、各種ゲームサイトからもダウンロードできるので、ぜひ一度お試しください。

ストーリーモードを早々に終えた私は、ひとりマルチモードプレイで黙々とレアアイテム収集に勤しんでおります。レアモンスターとして、『ファンタシースターオンライン』のアイドル的モンスター、ラッピーが出るそうですが、一度も目にしたことがございません。一緒にプレイしている会社の人は数回見た上、ラッピーの落とすレア武器まで持ってる……。これだけこのゲームを愛しているのに、しどいわ。 (;ω ;`) 

あぁ、早く製品版出ないかしら。7/31が待ち遠しい今日この頃です。販売価格も5,000円とかなりリーズナブルですので、PSPを死蔵させちゃってる人、『モンスターハンター』が口に合わなかった人、アクションゲームに飢えている人などは是非買いましょう! んでもって、後楽園で僕と握手 一緒にレアアイテム狩りに出かけましょうっ!

 

以下、amazon.co.jpアフィリエイトです。気になったらクリックしてみてね。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

"God of War : Chains of Olympus" [PSP]

つい先日PS3の『龍が如く 見参!』を買ったばかりですが、立て続けにPSPタイトルを買ってしまいました。しかも北米版。

PS2で人気だった『ゴッド・オブ・ウォー』シリーズのこれまた第3弾、"God of War : Chains of Olympus" であります。実は焦らなくても、『ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲』として8月に日本語版が出るのですけどね。そこはそれ、気になって仕方なかったのですよ。

DSC00038.JPG

さてこのGoWCoO、リメイクかと思いきや、なんと完全新作です。主人公クレイトスが闘神アレスの下で働いていた10年間……つまりは、GoW1より前の出来事が語られています。物語の合間々々にはさまれる妻と娘と3人で過ごす平和な姿に、シリーズファンなら感涙必至。いやホント、切ないわ……。

だけど、そんな感傷を台無しにする、クレイトスの絶倫ぷり(笑)。最初のボスを倒した直後、メインストーリーを進むルートから脇にそれると、そこには裸体の女性が2人。しかも上は完全に、下もかなりのポロリ状態です。スクリーンショットを撮っても、ここでは公開なんてできません(笑)。
しかも、このお姉ちゃん2人に話しかけると、カメラが3人を外して室内の装飾品にクローズアップ。そして……リズミカルに揺れだします。何が行われているかは、ご想像にお任せしますが……揺れにあわせて女性の嬌声が聞こえるあたり、ナニとしか思えません。
で、このシーンは実はミニゲームになっております。揺れにあわせて、画面に表示されるとおりにボタンを押していくと、行為が続きます。最後までイクと……「ありがとう」とお礼を言われます。きっと、ボスから救い出してくれたことを指しているのでしょう。うんそうに違いない。

と、ここまで読んで遊びたくなったエロいあなた、残念ながらこのミニゲーム、ローカライズされないかもしれません。PS2の1作目にも同様のミニゲームがあったのですが、日本版ではカットされてしまいました。ESRB審査Mature(17歳以上じゃなきゃダメよレベル)であっても、日本はそこらへん厳しいからなぁ。どうしてもナニが見たい人は、海外版を買うしかないかも。

しかし、このゲームがMatureなのは、別にえろえろだからってワケじゃありません。むしろエロはMatureだからってことでオマケで入れたのではないかと。
Matureの真の理由、それは類稀に見る残虐描写です。
血がドバドバ飛び散るなんて、まだまだ序の口。ブロッケンマンをキャメルクラッチで真っ二つにしたラーメンマンのごとくメデューサの首を引きちぎったり、サイクロプスの頭を殴って体にめり込ませたり、○○(ストーリーのネタバレになるから伏す)では囚われの人間を殺すと体力が回復したりと、殺(や)りたい放題です。
そりゃ、子供には遊ばせられねぇよ。

これだけのゲームだったら、別に遊ぶ価値なしと割りきれるでしょう。しかしながら、このゲームは遊びの面でもすっごくよくできています。2つの剣を鎖でつないだブレイド・オブ・ケイオスという武器を軽やかに振り回して、敵をばっさばっさと切り刻んでいきます。成長するに従ってもりもりとコンボ数が増えていく様が、また気持ちいいワケですよ。エフェクトの美しさも手伝って、その爽快感は『真・三國無双』よりも上じゃないかしら。

そんなこんなで、万人にはお勧めできませんが、とっても面白いゲームです。日本語版が発売された暁には、ぜひ遊んでみてください。海外でもPSPのキラータイトルとの呼び声が高い本作ですから、満足いくこと間違いありませんよ!

 

DSC00036.JPG

そして、PS3ユーザーに朗報です! 『ゴッド・オブ・ウォー』のPS3版が開発されています! PS2、PSPでもこれだけ美しいゲームが、PS3に拠点を移したらどうなるか……今から楽しみです。

 

ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲(仮称)

ゴッド・オブ・ウォーII 終焉への序曲 ゴッド・オブ・ウォー Best Price PSP「プレイステーション・ポータブル」 ピアノ・ブラック(PSP-2000PB)

PSP「プレイステーション・ポータブル」 アイス・シルバー(PSP-2000IS)PSP「プレイステーション・ポータブル」 セラミック・ホワイト(PSP-2000CW)

 

  


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

『リッジレーサーズ』 [PSP]

PSP本体を手にして、やっぱりソフトが欲しくなった私。
急遽『リッジレーサーズ』を買うことにしました。
で、感想。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

PSPが来たっ! [PSP]

playstation.comからの贈り物、PSPが届きました!
つい先日嫌な思いをしたので、開封してすぐに液晶チェック。

……あれ? 電源つかないよ?

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。